どのような夢を持たれた生徒様がいらっしゃいますか?

昔でいうと手に職、国家資格である「看護師」になりたい、という強い意志を持った方が多かったように思います。今は、将来的にはランボルギーニに乗りたい、綺麗になりたい、など個性的な夢を持った方が多くいらっしゃいますね。(笑)

他には、認定看護師を取り、必要とされる看護師になりたい。認定看護師は、個別に家庭訪問し看護を行いますから、現在の混迷たる時代にふさわしいスキルを持ち患者様に寄り添っていきたい、と言う心の表れではないでしょうか。

深田塾はどんな役割を担っているのでしょうか?

深田塾が今している仕事は、他の人が真似出来ないことをもしかしたらしているかもしれません。個人を対象にして、1対1で看護師国家試験、入試対策を教える仕事を本業としているのは他社にはありません。

私、個人としては看護師は14年間経験しましたが、好きな仕事かと言われると、今行っている本職の1対1での指導、こちらの方が私にとってすごく好きな仕事で「やりがい」を感じています。

好きな仕事ができると言うことで、「感謝の念」、私自身の価値観も大きく生徒様にも影響すると思います。

役割としては、生徒様側にとっては、集団型の授業でついていけない、という方々に対しては、全国的にも稀なサポートをしていると思っております。

生徒様の心も個々で見ていくと不安定な状態ですから、そこを私が支えていけるように常に努力をしています。

近頃は生徒様だけではなく、お母様とお話しする機会の方が多く、ご家族様との信頼関係を築きあげながら指導をするというところに重きを置いています。

生徒様の夢を叶える為にどのようなことをされていますか?

夢をかなえるとは、自己実現の事なのですが、これは表面的に現れている看護師になりたい、と言うものが夢なのか、そうではなくてもっと他に夢がありその過程となる看護師取得と言う過程なのか、そこを見据えながら一緒に考えています。

オンラインでグループディスカッションをする様子。

大阪から全国へ、オンラインで個別指導をお届けする。

2021年よりオンライン個別指導コースが始まりました、手応えはいかがですか?

オンライン個別指導2021年初めて行いました。オファーしてくる生徒様は頭は非常に良く、だけれども最初は緊張された方が多かったように思います。そのため元々メンタルケアは十分行って来ましたが、お話ししていくうちに、いつの間にかリラックスされていました。

後は、オンライン個別指導を使われる生徒さんは対面で授業を受けておられて、いろんな事情で来れない時、非常時には助かるシステムだと思います。

また遠方の方はオンライン個別指導を利用され、深田塾を知っていただけると言うチャンスができました。例えば、大阪にいる私が北海道の生徒様とオンラインを通して指導が出来ました、生徒様も授業を楽しみに待っていてくださったり、新しい経験を通し、繋がりの大切さを痛感いたしました。

新型コロナウィルスへの対応は大変だったのではないでしょうか

新型コロナウィルスで私の生活はいろいろ変わりました。まず仕事の部分で言うと出張講座がゼロになったことで看護学校看護大学に教えにいく機会はなくなりました。ですので集中的に1対1の個別授業ということに焦点を絞りました。

予備校として看護学校・看護大学への個別指導が始まります。

看護学校や看護大学への進学を目指す高校生や社会人の個別指導始めます。

特に南大阪に特化した看護学校、看護大学受験の予備校として学校の内容をよく理解してますので、メリットデメリットを一緒に考えていきながら学校選びも一緒に考えたいと思っております。

それぞれの学校の特徴と生徒様の期待している事柄を一緒に考えていきたいと思っています。

生徒様の医療従事者への道を切り開くのですね。

そうですね、医療従事者と言う言葉が今年ほどマスコミに飛び交う事はなかったですね。

皆さんからコロナの第一線で働くと言うことで尊敬の拍手や賞賛がありました。そんな中で看護師さんの本音は拍手よりお金が欲しいが1番の心の叫びじゃなかったでしょうか。

看護師さんは一番感染率の高い職種になっているにもかかわらず、給料は一般女性に比べれば少し良いと言う程度で経済面ではあまり恵まれていません。ただしどんな不況でも今のところ仕事は病院は最近は就職が難しくなってますが、これからもずっと需要はあると思います。

看護師はどこかで必要とされる職業です。日本では社会的には女性の地位は非常に低いです。社会的地位と言うことでは看護師選択と言うのは賢い選択だと思います。

私自身看護師14年間、看護系塾15年しておりますが女性の地位の低さを感じた事はありません。

看護師さんはこれからは「優しさ」を追求される時代になります。

最後に、深田講師より皆様にメッセージを。

皆さんにメッセージ、私が1対1の個別が得意なのは、中学生の時から常に人を教えるというアルバイトをしていました。その時から将来は学校の先生になろうと決めておりました。看護師になったのは母親に無理矢理ならされました(笑)

でも看護師の経験がないと教えるにも説得力がありませんので、今となれば感謝しています。34歳の時に看護師を辞め自営で塾を開こうと決心し2年間ほとんど給料なしに1日15時間勉強して、努力する力はそこで身に付いたと思います。

学生に100%の実績はどこから出るのかと言う時に、自分がとことん勉強すると言うことをやりきったからこそ言えることだと思っています。今の時代はあまりハードな宿題等を出すと怒られるのですが、深田塾に来る生徒様にはそこを理解して頂絶対合格したいと言う方が来ていただければ幸いです。

深田塾はオーダーメイド式なので宿題を出さないで、と言われれば出しません。ただし目標は自分で決めていただき。そこに何が必要なのかを説明させていただき、スケジュールを組むということをさせていただいています。

1対1で個別指導している看護師国家試験の塾は、関西圏ではほとんどないようですので、自分の役割としては学校も周囲の人が助けてくれない場合は、是非深田塾を頼ってください。

看護大学、看護学校に入る予備校としての役割は南大阪に特化した自分に適した学校に入れる予備校として、まずその方の幸せを第一に考えていきたいと思ってます。